臨海学校・林間学校でバレたくない!カントン包茎を上手に隠す方法

ばれるピンチを乗り切る方法は?

カントン包茎の人にとって大きな試練となるのは臨海学校や林間学校です。普段の学校生活では見られることがありませんが、臨海学校では一緒にお風呂に入る機会もあります。そこでカントン包茎であることがばれてしまうと、今後はそのイメージが定着してしまうかもしれません。からかわれるような状態になることもあるため、カントン包茎であることを知られたくないという人が多いでしょう。

実はいくつかの工夫をすれば、カントン包茎であることを隠すのは難しくありません。たとえば、入浴にいく際に時間をずらすという方法があります。人が少なくなってから入れば、それだけ注目されるリスクを減らせます。ただし、この方法にはリスクもあるので気を付けましょう。

タイミングの判断を誤ると、通常よりも注目を集めてしまう場合があります。ほとんどの人が体を洗い終わって湯船に浸かっている状態で、後から入ってしまうと視線を集めることになるのです。

タイミングをずらすことが基本!

臨海学校や林間学校でカントン包茎を隠す方法として、みんなより少し早く入浴するという方法もあります。先に入って体を洗って湯船に浸かっておき、後から来た人たちが体を洗い始めたらさりげなく出るのです。あまり早く入りすぎると不自然ですが、これくらいの時間差なら目立ちません。

もっともらしい理由をつくって先に入ることがポイントです。たとえば、先生に頼まれた用事があるふりをして、グループから抜けてそのまま入るという選択肢もあります。メンバーに質問されたら、「部屋に戻るのが面倒だった」というな説明をすると良いでしょう。

臨海学校や林間学校では、カントン包茎であることがばれやすいシーンは他にもあります。特に臨海学校では水着に着替えるケースもあるので要注意です。この場合も、やはりタイミングをずらすことが基本的な対処法になります。そのための理由を事前に考えておくと、心情的にもスムーズに実行しやすいです。

まとめ

カントン包茎は、本人のせいではないので本来隠す必要はありません。とはいえ、多感な時期にからかわれてしまうと、今後の人生に影響を及ぼすトラウマになる恐れがあります。そのため、今回紹介したような隠すテクニックをうまく使うことがポイントになります。臨海学校や林間学校を楽しい想い出にできるかどうかは、自分の工夫次第です。ただし、あまりタイミングをずらしすぎると、先生から注意されることもあるので気を付けましょう。